オリジナルでちまちま同人活動中。 二次創作は休止中です。
| Admin | Write | Comment |
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
水谷乙紀
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
最古記事
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

下の続きです。またまた長いので、ご覧になりたい方のみぽちっとどうぞ。

さて後半。
中川ウキョウが歌います。
流石の声量、格が違いますな☆
ウキョウが歌えば、今度は水分り様がダンシング。
前回よりもかーなーりーエロチックで激しいのは、やっぱ生肌の所為ですな☆
間近で見ますと、綺麗に縦のラインが入った腹筋や、肋骨の線がくっきり見えて、実にエロ…いや、美しいですハイ。

今回はマヂで、サントラ盤とか出してくんないかしらん…。
DVDだけじゃ、満足出来ない〜!!

さて、カツンとおさまが袂を分かつシーン。
三浦カツンとかとおっさま、声が似てて分かりにくい〜ιι
しかも、あの声で「師事するお方を誤った!」などと言われると、意味なく後ろから蹴飛ばしてやりたくなっちまいます←いや、既に初々しく無いのでιι

しばらくは前回同様のシーンが続き…ますが、どうも「かわいすぎるキュウゾウ」が気になります☆
おっさまに刀を突きつけるシーンでも、「ちっさ!!」
中垣内キュウはほぼ水平に刀を突きつけてたのに、西島キュウは斜めになってんだもん…。
最後、カツンを庇って撃たれて切られる時も、「小僧〜!!!!」いや、君の方がずっっっっと小僧に見えるんだけどιι
そして、カツンの腕の中で息絶えるキュウ…どう見ても「少女漫画のラストシーン」だべ。
あんな目で見つめられて、そのまま事切れて…うきゃ〜(≧∀≦)

今回は、ウキョウを倒したのがカツンになってました。
ま、仕方ないですね。
水分り様、ここまで最強でしたから(え)、ここでウキョウまで切っちゃうと、最後のカンベエ様の科白が「勝ったのはサムライではない、水分りだ」になっちゃうわいιι

住谷キクの字の最期は、涙腺崩壊のパート2です。
もう、前回のDVDでも、毎度号泣しとりますでな。
分かってても号泣です。
カーテンコール中もまだまだ号泣。
なのに、また西島キュウが可愛いんだよ☆
三浦カツンと相葉シチさんがでかいから、間でますますチビッコ度がアップ。
手を繋いでばんざ−い!の時なんか、背伸びしてたぞιι
しかも、緞帳が下りて来ると、一緒に前屈みになって、ばいばい〜の手も下の方で。可愛過ぎます
公演後の三浦カツントークの間も、色々と茶々を入れるし。
主役より(別の意味で)目立っとるわ!

千秋楽レポに続きます(え、しつこい?)
PR
この記事にコメントする
NAME:
TITLE:
MAIL:
URL:
COMMENT:
PASS: Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする
≪ Back  │HOME│  Next ≫

[28] [27] [26] [25] [24] [23] [22] [21] [20] [19] [18]
忍者ブログ [PR]
material by:=ポカポカ色=